LET'S BUILD YOUR OWN RECORDING STUDIO.

初心者のためのプライベートスタジオづくり

レコーディングのコツやワザなど、DTM・宅録情報が満載!機材レビューもあるよ。

VOCALOIDスターターキットいいかも!

yamaha_vocaloidstkit.jpg

正直なところ、VOCALOIDについてあまり明るくないのですが、どうやら初心者にはうってつけのスターターキットが発売されていましたよ。

操作も簡単そうだしサポートも充実しているので、これからVOCALOIDを初めてみたいと思っている方はかなり良い選択肢だと思います。

気になる方は是非続きをご覧ください。






キットの内容は以下の通りです。
・DAWソフトウェア「Cubase AI 7」
・「VOCALOID Editor for Cubase NEO」
・オーディオインターフェース「CI1」

yamaha_vocaloidstkit_2.jpgyamaha_vocaloidstkit_3.jpgyamaha_vocaloidstkit_4.jpg


まずは、「Cubase AI 7」。言わずと知れたスタインバーグ社製です。
YAMAHAとのバンドル製品で同梱されているようで、かの有名な「Cubase 7」のテクノロジーが凝縮されたDAWです。
間違いなく信頼のおけるブランドですので超がつくほど安心できる良い製品です。(DAWは宅録/DTMでは絶対に欠かせないソフトウェアです)

そして、「VOCALOID Editor for Cubase NEO」はYAMAHAが開発したVOCALOID技術を簡単にDAW上で(もちろん「Cubase AI 7」上で)制作・編集する事ができます。
今回一番すごいな!手軽だな!と感じたのが、このボーカロイドエディタです。
ボーカロイドエディタを開けば本当に簡単に音程と歌詞入力が出来ます。音の強弱(抑揚)をつける事だってすごく簡単で感心しました。

しかもCubaseのキーエディタとも完全に同期しているのでCubaseを使い慣れた人ならストレスなく操作できると思います。
まぁでも、説明するよりも下の動画見たほうが早いですね。12:55辺りから見てみてください。




最後に、オーディオインターフェース「CI1」。
このCIシリーズは使ってみた事はないのですが、スタインバーグ社製のオーディオインターフェースのエントリーモデルのようです。ネットでの評判もまずまず良さそうなので問題ないでしょう。
これがあればギターなんかも録音できますよ。


これらイイ感じの製品が最初からセットになっているため、買ってすぐにボーカロイド音楽制作を開始できます。
OSはWin/MacどっちでもOKってのもありがたいですね。

オフィシャルサイトではサポートもばっちり。インストール方法なんかも動画で丁寧に解説しています。
http://jp.yamaha.com/products/music-production/software/vocaloid/vocaloid_stkit/


価格もだいたいどこも2万円を切っているようですし、ボーカロイド音楽を制作する第一歩としては申し分ないのではないでしょうか。お年玉で買えそうですね。
■YAMAHA ( ヤマハ ) / VOCALOID スターターキット
サウンドハウスでチェック
Amazon.co.jpでチェック


体験版もあるので気になる方は試してから購入というのも良いと思いますよ!
http://www.vocaloid.com/lineup/vocaloid3/trial/




スポンサーサイト



テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

サイト内検索
スポンサードリンク

おススメリンク


サウンドハウス


ランキング参加中
  • にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキング
  • クリックお願いします