LET'S BUILD YOUR OWN RECORDING STUDIO.

初心者のためのプライベートスタジオづくり

レコーディングのコツやワザなど、DTM・宅録情報が満載!機材レビューもあるよ。

ガンマイク MKH416

sennheiser_mkh416p48u
そういえば、ちょっと前にタモリ倶楽部でゼンハイザーのガンマイクの特集をやっていたのすが、でDTM/宅録ではどういう使い道があるんだろうか?と思ってまとめてみました。

よろしければ、続きをみてみてください。






特集されていたのは、ショットガンコンデンサーマイクのゼンハイザーのMKH416でした。

なんでもこのマイク1974年の発売以来、放送業界で不動の地位を築いている現役ロングセラーマイクだそうです。

狙った音を録るのに適した指向性マイクということは当たり前ですが、人の声の周波数に適した作りでしかも湿気に強いということから、野外での使用に適しているという事が納得できます。

一応気になったので書いておきますが、後継機としてはMKH8060も発売されているようです。
感度がよりUPしていて筐体自体が短くなって扱いやすくなっているとのことでした。


自分としては、DTM/宅録ではあまりなじみがないのですが、電車の音や飛行機の音なんかのSE的なサウンドサンプルを録る必要がでた時に活躍しそうだなぁと思いました。
リアル/臨場感の溢れた雰囲気で高音質に録れることは間違いないでしょう。

映像のクリエーターさんなんかだとかなり色々な場面で使えるんでしょうね。なぜだか羨ましい!


サウンドハウスさんで MKH416(ファンタム電源48Vバージョン)と MKH8060との取扱があります。 気になる方は是非チェックしてみてください。

SENNHEISER / MKH416-P48U3
sennheiser_mkh416p48u

大体10万円強でした。



SENNHEISER / MKH8060
sennheiser_mkh8060

大体13万円弱でした。




スポンサーサイト



テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

サイト内検索
スポンサードリンク

おススメリンク


サウンドハウス


ランキング参加中
  • にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキング
  • クリックお願いします