LET'S BUILD YOUR OWN RECORDING STUDIO.

初心者のためのプライベートスタジオづくり

レコーディングのコツやワザなど、DTM・宅録情報が満載!機材レビューもあるよ。

最終調整、レコーディングしよう

ここまできてしまえばあとは好みのサウンドを作って録音するだけ。
ノイズ対策や入力レベルの調整を忘れずにしてレコーディングを開始しよう。






録音トラックを設定しよう音質アップを図ろう入力レベルを調整しようシールドをえらぼうあると便利をえらぼう


録音トラックを設定しよう


まずは、DAW上にギター/ベーストラックを作成し音が出ているか確認

上手くいかない場合は、DAWの入力ソース(AI)の設定を疑いましょう。

DAWやAIによって違いはありますが、入力ソースを複数もつAIの場合、L,Rや1,2,3など入力チャンネルを指定する必要があります。

また、DAWソフトを起動している状態で、AIの電源を切ったり、PCとの接続をはずしたりすると、DAWがAIを認識しなくなる場合もあるので、一度DAWを終了し、AIを接続した状態で再度DAWを起動しよう。

それでも、認識しない場合は、AIを接続した状態でPCを再起動しよう。


ソフトウェアタイプのアンプシミュレーターを使う場合はここで作成したトラックにアンプシミュレーターが適用されるよう設定を忘れずに


一度短くてよいので、録音・再生されるかテストしよう!


トラック設定が済んだら、エフェクターやアンプシミュの音色調整、愛用のアンプを録音する場合はマイクの設置位置を調整し好みの音になるよう徹底的にサウンド作りをしよう


音質アップを図ろう


<良質なシールド選び>

音質アップのアイテムとしてかなりおススメなのが、良質なシールドの導入です。

シールド1本ですが、音質の違いが顕著にでます。初心者でも明らかに違いがわかるほどです。

おススメZAOLLA ZGTR-110
ZAOLLA ZGTR-110
スタつく市場調査価格
3m=¥6,000前後

サウンドハウスでチェック


左に紹介するZAOLLAのシールドは、

ギター本来のトーンを極限まで引き出すスーパーケーブル!として評判が良くおススメ。

少々値は張りますが、気に入らなければ、購入後7日以内であれば返品可なので、買ってみて損はないでしょう。



その他にもおススメのシールドがありますので、シールドをえらぼうでチェックしてみてください。


<良質な弦えらび>

以外と音のレベルアップにつながるのが良質な弦への張り替えです。

弦によって音のキャラクターに違いが出ますので、有名どころを2、3比較して、自分にあった弦を見つけるのも面白いです。

細かい所ですが、レコーディングの際は弦の張替えを忘れず行いましょう。

良質な弦えらびは、あると便利をえらぼうでチェックしてみてください。




icon_point.gif Point

<ノイズがでたら>

・エアコンなどの無駄な電気製品の電源を切る

・使用する機器のコンセントプラグの左右を逆にして差替える。

意外とこれらが原因でノイズが発生している場合が多いのです。

また、宅録/DTMにつきもののテーブルタップですが、粗悪品を使っていませんか?
宅録/DTM専用のテーブルタップとしておススメなのが、FURMAN SS-6B
電磁波/電波ノイズを軽減に一役買ってくれます。

ノイズをレコーディングしてしまわないよう、原因の切り分けをして一つ一つ解決していこう。

ノイズリダクションなど、その他のノイズ対策品は、あると便利をえらぼうでチェックしてみてください。



入力レベルを調整しよう


inlvl.png
過入力に注意!
入力レベルが大きすぎると、割れた音が録音されてしまいます。

そこでサウンドメイキングの際には、AI側、DAW側両方の入力レベルを調整しよう。

レコーディングする曲の中でいちばん強く弦を弾く箇所を演奏し、AIの入力端子の近くにあるLEDランプが赤く光らないよう、レベル調整のつまみを絞ります

ただし、入力レベルが小さすぎてもいけません

調整の基準はLEDランプがギリギリ光るか光らないいところ。うまく調整しましょう。


また、AI側がよくてもDAW側で音割れしていては意味がありませんので、DAW側でも同様に入力レベルを調整します。


最終的には両方とも割れないギリギリの入力レベルを保ちましょう。


さぁ、ここまでできたらもうレコーディングの本番開始です。

テイク1をレコーディングしよう!






< STEP3へ | STEP4 |        



icon_17_shield.gif シールドをえらぼう



EX-PRO FL series 3.0m L/S

EX-PRO FL series 3.0m L/S


プロミュージシャンの協力を得て開発されています。
FLシリーズは特に高音域の劣化に強いケーブルです。

≫ スタつく市場調査価格 3m=¥4,000前後





BELDEN 8412 THE Wired 3LS

BELDEN 8412 THE Wired 3LS


中低域が強調されたサウンド。
バンド・アンサンブルの中でも音が埋もれることなく、
音の太さを求めるならこれです!
評判も価格も良いです。

≫ スタつく市場調査価格 3m=¥5,000前後





おススメZAOLLA ZGTR-110

ZAOLLA ZGTR-110


ギター本来のトーンを極限まで引き出すことのできる世界最高峰のスーパーケーブル!
どんな理由でも気にいらない場合は、購入後7日以内であれば返品できるといっていることから、相当な自信がうかがえますね。
買って損はないでしょう。おススメです。

≫ スタつく市場調査価格 3m=¥6,000前後





MONSTER CABLE M BASS-12A

MONSTER CABLE M BASS-12A


低音に特化したシールド。高音質なシールドで有名ですね。
ベース専用としてとても評判が高いです。

≫ スタつく市場調査価格 3.6m=¥4,000前後







icon_07_convenience.gif あると便利をえらぼう



ROCKTRON HUSH THE PEDAL

ROCKTRON HUSH THE PEDAL


歪み系を増やすと不要なノイズを招きやすくなります。
接続機器が増えれば増えるほどノイズが増える・・でも減らせない。
評判の良いノイズリダクションを使って宅録/DTMの敵ノイズを減らしましょう。

≫ スタつく市場調査価格 ¥10,000前後





BEHRINGER NR100 Noise Reducer

BEHRINGER NR100 Noise Reducer


ベリンガーのノイズリダクション。
ベリンガーは価格が魅力的ですね。
試す価値のある製品です。

≫ スタつく市場調査価格 ¥3,000前後





おススメFURMAN SS-6B

FURMAN SS-6B


電源系で定番のファーマン。
電磁波や電波ノイズを軽減してくれます。
ノイズが気になる人は電源系統も疑ってみましょう。
まさに宅録/DTMの味方です。

≫ スタつく市場調査価格 ¥3,500前後





弦


ダダリオ、アーニーボール、エリクサー等々・・・
有名どころは押さえよう。
各メーカーそれぞれ特徴があるのでお気に入りを見つけよう。

エレキギター弦





< STEP3へ | STEP4 |        




スポンサーサイト



テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

サイト内検索
スポンサードリンク

おススメリンク


サウンドハウス


ランキング参加中
  • にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキング
  • クリックお願いします