LET'S BUILD YOUR OWN RECORDING STUDIO.

初心者のためのプライベートスタジオづくり

レコーディングのコツやワザなど、DTM・宅録情報が満載!機材レビューもあるよ。

システム構築しよう > メインシステムを組もう

プライベートスタジオへの扉を開くメインシステム

宅録 / DTM の大前提となる基幹システムをつくらずにプライベートスタジオは語れません。このメインシステムがクオリティの善し悪しを左右することとなるでしょう。

だからこそ、よく検討し、迷ったらメーカーや楽器屋の店員さんに確認をして慎重に決めましょう。近くに宅録 / DTM に詳しい友人・知人がいる人は、その人と同じ機材を選ぶのもひとつの賢い選択といえます。


メインシステムを組むためのマストアイテムはこれ!

パソコン
DAWソフト
オーディオインターフェイス
DTMバンドル製品
モニタースピーカー
ヘッドフォン
あると便利

ヘッドフォンをえらぼう

アコースティック楽器やヴォーカルなどのレコーディングには特に欠かせないアイテム。

録音時にモニタリングしている音がマイクに入らないよう、密閉型をえらぼう。
また、モニタースピーカーと平行して、サウンドチェックにも使用するなど用途は様々です。






icon_point.gif Point

<最大許容入力>
スタジオユースの目安として最大許容入力が1,000mW以上のものをえらぼう。
なぜなら、アコギ、ヴォーカル、ドラムなどの録音時、自分の音やバッキングトラックの音を正確にモニタリングするためにはある程度の音量を稼がなくてはなりません。ですが、最大許容入力があまりに低い製品でモニタリングの音量を上げると音が歪んで(割れて)しまい正確なモニタリングができないばかりか最悪壊れることもあるのです。

予算のない人は、とりあえず自分の持っているリスニング用ヘッドフォンで様子を見るのも手だが、スタジオユースのものは密閉性が高く再生帯域も広いため宅録/DTM技術とサウンドクオリティの向上に一役買うでしょう。




CLASSIC PRO CPH7000

CLASSIC PRO CPH7000


<初心者向け>
サウンドエンジニアやミュージシャンからのフィードバックを盛り込んで完成させたモニターヘッドホン。
モニタリングヘッドフォンの入門としては最適かそれ以上です。

≫ スタつく市場調査価格 ¥4,000前後





AUDIO TECHNICA ATH-M30

AUDIO TECHNICA ATH-M30


<初心者~中級者向け>
音の解像度音が良い。
モニタリングヘッドフォンとしてだけではなくリスニング用にも使える。
と巷で評価されていますね。

≫ スタつく市場調査価格 ¥5,000前後





rcmd01.pngSONY MDR-CD900ST

SONY MDR-CD900ST


<プロ志向>
プロ・アマ問わず圧倒的な支持を受けています。
非常に評価の高い逸品。
スタつくおススメ!

≫ スタつく市場調査価格 ¥15,000前後






スポンサーサイト



テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

サイト内検索
スポンサードリンク

おススメリンク


サウンドハウス


ランキング参加中
  • にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキング
  • クリックお願いします