LET'S BUILD YOUR OWN RECORDING STUDIO.

初心者のためのプライベートスタジオづくり

レコーディングのコツやワザなど、DTM・宅録情報が満載!機材レビューもあるよ。

E.GUITAR/BASSを録ろう

このコンテンツでは、数ある宅録 / DTM 関連製品の中から、プライベート・レコーディング・スタジオづくりに必須となるメインシステムのほか、ケース別に導入すべき機材の提案やポイントの紹介をしています。

テーマ:初心者に優しい情報・アイテムを提案
≫ システム構築・レコーディング方法を優しく指南
≫ 1アイテム2万円前後~5万円前後の製品を中心にピックアップ ※パソコン、オプション品等一部を除く
≫ チープな音になりがちな数千円の機材は省く

システム構築しよう メインシステムを組もう E.GUITAR/BASSを録ろう A.GUITAR/BASSを録ろう VOCALを録ろう

icon_point.gif Point

パソコンを使って録音するということは、基本的にプロの現場と原理はかわりません。初心者向けの手の届きやすい製品とはいえ、近年の製品は高品質なものが多く、演奏の技術はもちろん、録音過程やミックスなど各工程の技術を磨けば、プロ並みの音源を制作することも決して夢ではありません!

E.GUITAR/BASSを録ろう

プライベートスタジオへの扉を開くメインシステム

宅録 / DTM の大前提となる基幹システムをつくらずにプライベートスタジオは語れません。このメインシステムがクオリティの善し悪しを左右することとなるでしょう。

だからこそ、よく検討し、迷ったらメーカーや楽器屋の店員さんに確認をして慎重に決めましょう。近くに宅録 / DTM に詳しい友人・知人がいる人は、その人と同じ機材を選ぶのもひとつの賢い選択といえます。


メインシステムを組むためのマストアイテムはこれ!

パソコン
DAWソフト
オーディオインターフェイス
DTMバンドル製品
モニタースピーカー
ヘッドフォン
あると便利

E.GUITAR/BASSを録ろう

宅録 / DTM の基本:ギター(楽器)のレコーディング

メインシステムを組んだあなたは既に宅録 / DTM の一歩を踏み出しています。
あとはレコーディングするだけですが、何をレコーディングするかによって、コツや必要なモノに違いがあります。
今回は、エレキギター/ベースのレコーディングを例に挙げ、アンプシミュレーターや愛用アンプを使った宅録 / DTM ならではのレコーディング方法をステップごとにご紹介します。


エレキギター/ベースのレコーディング手順はコレ!

1.事前準備、オケを用意しよう
2.アンプシミュレーターを活用しよう
3.愛用アンプをマイク録りしよう
4.最終調整、レコーディングしよう

E.GUITAR/BASSを録ろう

aguitar.gif

表情豊かなアコーステックギター(生楽器)のレコーディング

生楽器のレコーディングはとても奥が深いものです。
プロ定番の高価なマイクを準備し、スタジオの音響整備やマイキング技術、EQ処理技術、等々・・・突き詰めるほどに経済力とノウハウがが必要になってくる生楽器のレコーディングですが、マイクの特性を知り、マイキングのコツを押さえれば初心者にだって良い音で録ることができるのです。

なににも代え難い表現豊なあの生楽器の弦の響き。アンプラグドな世界をレコーディングしよう。


アコースティックギター/ベースのレコーディング手順はコレ!

1.マイクの特性を知ろう
2.適したマイクをえらぼう
3.マイクプリをえらぼう
4.アコギをマイキングしよう

E.GUITAR/BASSを録ろう

vocal.gif

バンドの花形。ヴォーカルのレコーディング

歌ものバンドでは最も目立つヴォーカル。
アコースティック楽器のレコーディング同様、マイキングや環境作りなど、ちょっとしたコツさえ押さえてしまえば、低予算でも良い音で録ることができるのです。

良い音で録ることができれば、楽曲の印象もグッとあがること間違いなし。
バンドの名刺代わりとなるような宅録/DTMをしよう。


ヴォーカルのレコーディング手順はコレ!

1.適したマイクをえらぼう
2.レコーディング環境をつくろう
3.マイキングしよう
4.音質アップを図ろう

事前準備、オケを用意しよう

レコーディングを効率よく進めるための準備として1つ重要なものが曲の構成図(マップ)です。
ここでは構成図とオケの作り方についてシンプルにご紹介します。



詳細はこちら

スポンサーサイト



テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

アンプシミュレーターを活用しよう

アンプシミュレーターとは、MARSHALL、MESA BOOGIE、FENDER、MATCHLESS、VOX ・・・などの往年の名アンプの音をライン録りでも再現できるようにした仮想アンプのことで、大きく分けてエフェクターのような感覚で使えるハードタイプのものと、パソコン上で操作できるソフトタイプのものに分かれます。
ヘッドはORANGEでキャビネットはMARSHALL。なんて組み合わせもできちゃいます。

アンプを実際に鳴らさずに行うレコーディングは、日本の住宅事情にとてもマッチしていますね。
ここでは、アンプシミュレーターのつなぎ方を紹介していきましょう。



詳細はこちら

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

愛用アンプをマイク録りしよう

自宅でもある程度の音量を出せる人は、愛用しているアンプの音色・迫力・ニュアンスをマイクで録ろう。
小型アンプであれば多少音量を出せるという人にもぜひチャレンジして欲しいレコーディング。

ここでは、愛用アンプをマイク録りするための方法を紹介していきます。



詳細はこちら

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

最終調整、レコーディングしよう

ここまできてしまえばあとは好みのサウンドを作って録音するだけ。
ノイズ対策や入力レベルの調整を忘れずにしてレコーディングを開始しよう。



詳細はこちら

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

サイト内検索
スポンサードリンク

おススメリンク


サウンドハウス


ランキング参加中
  • にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキング
  • クリックお願いします